テレビアンテナを電気工事業者に取り付けてもらってBSやCSの視聴を

視聴できるテレビの台数を増やす方法

テレビアンテナの工事を行なうと衛星放送が見られる

衛生放送を受信できる環境を作れば、視聴できるチャンネル数が一気に増えます。テレビの増設と共に衛星放送の受信も検討してみてはいかがでしょうか。

衛星放送について

衛星放送とは
テレビ放送には「地上波放送」と「衛星放送」の2種類があります。地上にある施設が電波を送っている地上波放送に対し、衛星放送は人工衛星が各家庭に電波を送っています。衛星放送の特徴には、「効率良く広域に電波を送信できる」「送信する電波が地形や建物の影響で乱れることがない」といった点が挙げられます。
BSとCSの違いについて
BSもCSも共に衛星放送に分類される放送ですが、電波を送信している衛生が異なります。また、BSは高画質のハイビジョン番組が中心であり、CSは極めて専門性の高い番組・チャンネルが多いという違いもあります。CSにこのような特徴があるのは、CSがもともと企業への受信を対象としていた放送であったという背景があるからです。
見るために必要なもの
BSを見るためには、専用のアンテナを取り付ける必要があります。専門業者に依頼し、アンテナ本体をはじめ必要なものを揃えてもらい、取り付け工事をしてもらいましょう。アンテナ本体やケーブル、B-CASカードは最低限必要なものですが、チューナーは分配器、ブースターなどは状況やその人の希望次第で必要かどうかが変わってきます。また、アンテナの取り付けに際し電気工事が必要となる可能性もあります。

BSとCS両方が見られるアンテナ

衛星放送のアンテナにはBS専用のアンテナやCS専用のアンテナがありますが、その両方を受信できるアンテナというのも存在します。このアンテナを取り付け、電気工事を行なったり分配器を使ったりすれば、複数台のテレビでBSやCSを視聴することができます。