テレビアンテナの取り付けや電気工事を行なう前に知っておくべきコト

視聴できるテレビの台数を増やす方法

テレビの台数を増やす方法~テレビ端子の電気工事を行なう~

アンテナ

家で視聴するテレビの台数を増やす場合、ただ新しくテレビを購入するだけでは複数台視聴することはできません。テレビアンテナを取り付けてはじめて全てのテレビで視聴できるようになります。そこで、テレビアンテナに関する工事の種類を見てみましょう。

テレビアンテナ工事の種類

テレビ端子の増設を考える

視聴できるテレビの台数を増やすためのテレビアンテナ工事にはどのような方法がありますか?
まず、テレビコンセントの有無を調べてみてください。もしテレビコンセントが無ければ、テレビコンセントを増設する工事を行ないます。コンセントを増設できれば、あとはそこを介してテレビとアンテナケーブルを繋げばOKです。分配器を使うという方法もありますが、この方法のほうが楽だと思います。
直列ユニットを使って複数のテレビを視聴しようと考えているのですが、気を付ける点はありますか?
直列ユニットには、「中継用端子」と「端末用端子」の2種類があります。端末用はケーブルが1本しか接続されていないので、1台のテレビにしか繋ぐことができません。中継用はケーブルが2本接続されている状態になっています。2台のテレビを視聴したいのであれば、この中継用の直列ユニットを購入するようにしてください。

テレビアンテナ工事を依頼した人の声

テレビ端子を増設して快適になりました(45歳/男性)

妻と共に実家に移り住むことになったのですが、実家には1台しかテレビが無いので、新しくテレビを購入したときに業者に依頼して2階の一部屋(実家は2階建ての戸建住宅です)にテレビ端子の増設工事をしてもらいました。依頼した電気工事業者の方に「1階部分のテレビの配線ゴチャッとしているので、テレビ端子の位置を変えましょうか」との提案を受け、そのままお願いしました。最終的に1階でも2階でも問題無くテレビが見られるようになり、1階部分のテレビの配線も電気工事業者の方のアドバイスのおかげでスッキリ整理された状態になりました。

視聴できるテレビの台数を増やすためには、状況次第で工事や必要となるものが出てきます。これらを全て自分で行なうのは簡単ではないので、一度業者に相談してみるとよいでしょう。

大がかりなアンテナ工事をせずにテレビを増やす方法

テレビ端子を新しく設置するには、電気工事業者に設置工事を依頼しなければなりません。ただ、この工事をしなくても視聴できるテレビの台数を増やすことは可能です。その方法を質問形式でお教えします。

1つのテレビ端子を複数台に繋ぐ方法

テレビ端子の増設工事をせずにテレビを増やす方法はありますか?
あります。それには、「分配器」という機器が必要になります。分配器を付けば、アンテナから受信した電波を複数のテレビに分配して送信することができます。テレビだけでなくレコーダーに繋げることも可能です。
分配器には種類がありますか?
はい、いろいろな種類があります。ただ、大きく分けると「1端子通電型」と「全端子通電型」の2種類に分かれます。衛星放送を複数台のテレビで視聴したいのであれば、全端子通電型の分配器を購入してください。ちなみに全端子通電型の分配器にもいろいろなタイプがあります。
受信アンテナ

このように、分配器を使えばテレビアンテナの工事を行なわなくても、複数のテレビで視聴することができます。ただ、上にもあるように分配器には種類があり、またやり方を間違えてしまうとテレビが映らなくなる可能性もあります。自分で作業をするのが難しいと感じたら、電気工事業者に相談してやってもらうようにしましょう。